おすすめCM ・ケンコートキナー http://www.cmsite.co.jp/kenkotokina/?4078869230zRZgr5ugFyV2Zh

2012年01月06日

あのコダックが・・・

デジタル時代に突入し、ある程度想定していたものの、ショッキングなニュースです。
以下引用始>>>>>>>>>>
米コダックが破産法申請か 業績低迷、数週間内と米紙報じる
2012.1.5 10:14 [倒産・破産]
 米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は4日、米写真用品大手イーストマン・コダックが数週間以内の連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の申請を準備していると報じた。

 写真用フィルム大手だったコダックは、デジタルカメラ時代への対応が遅れ、業績が低迷。資金確保のため保有特許の売却交渉を進めている。

 同紙によると、特許売却がうまくいかない場合に破産法の申請を検討。その際に金融機関からつなぎ融資を受ける交渉をしている。

 申請後に裁判所の管理下で、1100件の特許を売却することもあり得るという。

 コダックは3日、株価の平均終値が30営業日連続して1ドルを下回ったことから、ニューヨーク証券取引所から上場基準に抵触する恐れがあるとの通知を受け取ったと発表していた。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120105/biz12010510150003-n1.htm
<<<<<<<<引用終

 ポールサイモンの「僕のコダクローム」という曲で、歌詞に「ニコン」「コダクローム」が出てくるそうです。私が、助手として商業スタジオに入社した、今から30年以上前に先輩からその話を聞きました。そのコダクロームが、コダック独自技術を用いた渋く濃厚なフィルム。このコダクロームは、現像中に発色させるカプラーを混入させる「外式」と呼ばれる現像方式をとっており、当時、日本では横浜の東洋現像所のみ現像が可能なフィルムで、このイメージが、コダックが、富士や小西六(コニカ)とは、別格である、という思いがありました。

 当時はコダクロームU(KU)としてASA25という低感度でしたが、ロバートキャパの時代は、ASA10だったとか。戦場でASA10は、大変だろうと想像しますが、先人達の技術には感服します。
 小生が、写真学校に通っていた時、授業でコダックはフィルム製造に必要なゼラチンを牛から採取するために牧場を持っている、と聞きました。
 最近、フジフィルムがコラーゲンを使用した化粧品のCMをしていることを不思議に思う消費者の声を聞きましたが、フィルムメーカーは、製造過程で得た技術を他に活用しているわけですね。

 その後、コダクロームはISO25のKM、64のKR、これに出荷基準を厳しくした、Pを冠するプロ使用も登場しました。(この頃からASAではなくISOが使われるようになりました)もっともポジフィルムのスタンダードは、感光剤意にカプラーが含まれている内式のエクタクロームでこれは、カラーポジが現像できる現像所なら、どこでも現像できました。

 小生は、コダクロームに拘り、使い続けていましたが、現像が首都圏でしかできないことから納期に影響することと、コダクロームを使用した場合に印刷でスミが強く出る傾向があり、次第に、内式現像フィルムを使用するようになりました。

 その頃、フジフィルムがISO25のフジクローム「ベルビア」という内式の常識を覆す、高解像フィルムが登場。その後、万能タイプともいえる「プロビア」が登場し、発色の好みはあるものの、次第にフジがコダックのシェアを奪っていったように思います。
 個人的にプロビアを万能と称した理由は、工場など複数の照明器具が使われている施設は、1種類の照明ごとに色補正をして多重露光しない限りフィルターでの調整に限界があり、実作業では、ミックス光で妥協できる発色がフジの方に分がありました。
 また、この時期、ライティング等を確認するため、スタジオ撮影に付きものの、フジからFP100という高画質なインスタント写真が登場し、それまでのポラロイドから乗り換えるカメラマンが多くいました。私もその一人ですが、フジの躍進が目立つ時期でした。

 こうして私もコダック離れをした上で、デジタル時代に突入しました。私がデジタルに切り替えたのは、ニコンからD1Xが発売された時。実は、この頃、コダックからニコンF5をベースにデジタル改造したDCSがあり、どちらを購入するか迷いましたが、検討した結果、D1Xとしました。

 コダックには、もう10年近く貢献していませんが、現像所も減り、黄色地に赤の「Kodak」の看板が、消えるのも時代の流れと言うことでしょうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
小生が、愛用したコダック製品

白黒フィルム
トライX、パナトミックX、テクニカルパン、T-MAX400

カラーリバーサルフィルム
コダクローム64(PKR)135(35mm36EX)及び120(ブローニー)
エクタクロームEES

他では、白黒印画紙のエリートは好きでしたね。ただ、オリエンタルニューシーガルの方が更に好きでしたが。

posted by シューティング・スッター at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年01月05日

着水

 鳥は、高い体温と羽毛で寒さをしのぐことができるにしても、うろこ状の足は、濡れたまま飛行したり、冷たい金属の欄干にとまっていたりと、過酷な状況でも耐えられるのは何故でしょう。血管が多く走っているとも聞きますが、本当のことは知りません。

koga_120103_072.jpg

 camera:Nikon D300s

 ホームページはこちら
http://www.geibundo.com/sakuhin/koga_120103_072.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【ニュースから】

AFPBB NEWS>>>オウム平田容疑者、警視庁出頭も「相手にされなかった」>>>>>

 高速道路のSAで平田信含む他の指名手配ポスターを見ましたが、こういうことがあると、警察は、捕まえる気があったのか?と思われますね。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

タグ:
posted by シューティング・スッター at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | この1ショット

2012年01月04日

餌を求めるユリカモメ

 本年も宜しくお願いいたします。

 ここ山口県宇部市の常盤池は、幼稚園に飛来していたペリカン「カッタ君」が居たところ。かつての炭鉱跡地です。昨年は、鳥インフルエンザで、全ての白鳥が殺処分され、ペリカンも別の飼育舎に移されており、今は、鴨やユリカモメが飛び交うものの、どこか寂しげな印象でした。

koga_120103_165.jpg

camera:Nikon D300s

 ホームページはこちら
http://www.geibundo.com/sakuhin/koga_120103_165.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【ニュースから】

AFPBB NEWS>>>退役後は「料理戦士」に、イスラエル兵の職業訓練>>>>>

 この記事をみて、思い出したのが、大相撲で北尾(横綱双羽黒)が廃業する原因となった立浪親方との「ちゃんこ鍋」口論。騒動直後、FM三重に行った時、郷土出身力士として北尾のテレカが沢山、箱詰めになっていました。理由は、騒動により配布できなくなってしまったからとのことでした。

 時を経て、北尾の言い分が週刊誌に掲載されていましたが、それによると「引退近い力士(幕内ではない)は、その後の生計のため、ちゃんこ係りに回される(料理店を営めるよう)が、それでも力士であることに変わりはない。まわしをするように言ったが、親方が聞き入れないことで口論になった」というもの。この騒動とは別に、引退後を視野にした、ちゃんこ係というのは、「そうなんだ」と思いました。
 「その後」は、常に考えなければならないことですね。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

タグ:情景
posted by シューティング・スッター at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | この1ショット